スポンサーリンク

もしかしたら岸田文雄は財務省の捨て石になる覚悟かもしれません!

社会のこと

このところ増税の話しか聞かれませんが、長年生きてきた中でここまで増税が前面に出まくったことは記憶にありません。完全に財務省のやりたい放題です。

こんな状態じゃ岸田文雄は財務省の捨て駒になるのでしょう。もしかしたら当の岸田文雄もそうなる覚悟を決めたのかもしれません。そうじゃないとしたら空気の読めないバカですが・・・。

しまいには消費税増税案をぶっ放して野田総理のように解散へ打って出るかもしれません。まあ、野田さんのときは「議員定数削減」とセットで消費税増税を自民党に迫ったのですが、結局消費税が上がっただけで結果は今の不景気です。

今年の参議院選挙の前も自民党が勝ってしまったら地獄行きだと思っていました。

不誠実極まりない岸田文雄の正体がなぜ気付かれないのでしょうか?
明日には入院して内視鏡手術を受けるのですが、手術よりもその後の制限のほうが気が重く、今考えていることは「早く6月10日くらいにならないか」ということです。 ところで来る参議院議員選挙は6月22日公示・7月10日投票の線が有力らしいので...

今更なのですが、参議院議員の任期6年って長すぎじゃないでしょうか。いきなり一院制にしろとは言わないにしても、もはや良識の府なんて誰も思っていませんし、ホント身を切る改革をしなきゃ死ぬぜ!

政治の低レベル化が酷すぎで、日本の発展に尽くした先人たちも草葉の陰で嘆いていることでしょう。まったく!!です。

昨日から平常運転に戻り、忙しすぎて圧迫感に苛まれています。本業と副業と時間ごとにしっかり軸足を決めていないと全てが中途半端になるので、メリハリの効いた時間配分を意識しています。

今日も忙しくなることが確実ですが、今週さえ乗り切れば今年のゴールが見えてきます。なんとか頑張って「乗り越えた!」という充実感を味わいたいものです。

気温が上がって雨が降るようですが、気にせずやり切ってみせます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました