スポンサーリンク

増え続ける高齢者が国富を貪り続け、若者は阿鼻叫喚の地獄です。

ニュース

久しぶりに7時過ぎまで寝続けて元気いっぱいの朝を迎えました。寒めの室温で布団の中が心地よく、睡眠にも一層の心地よさがあることも今感じている充実感の一因です。

今も外の気温は5℃ほどしかないようですが、降り続いていた雨も上がり晴れて気持ちの良さそうな景色が広がっています。今日は東千歳バーベキューへ行くので、気温はともかく晴れてくれて一安心です。

ささやかな楽しみですが、ほんのちょっとした遠出で気分はリフレッシュできるもので、ガソリン価格の異常な高騰は気になるものの、安全運転で東千歳まで行ってきます。

今朝もコーヒーを飲みながらニュースを見ていて「糞!」というニュースがありました。

国民健康保険料を値上げですって!

ほぼ全ての勤労世代や若者が思っていることですが、年寄りって病院へ無駄に行きすぎなんじゃないでしょうか。まさに「薬漬け」そのもので、あんなもの放置しておいて「毎年医療費が1兆円増えています!」なんて言っているのもどうなのかと思います。

無策のままでいながら、現役世代にはつらっと負担を押し付けるのです。

国保保険料、上限3万円引き上げ 厚労省方針 年収1140万円以上(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 厚生労働省は22日、自営業者らが加入する国民健康保険(国保)の保険料の年間上限額を来年度から3万円引き上げ、年額102万円とする方針を明らかにした。医療費の増大に対応するためで、今後、上限を定める

国民健康保険はこうしてニュースになるだけ良いのでしょうが、協会けんぽなんぞ当然のような顔をして「医療費が増えているので値上げしまーす」と保険料を上げ続けています。民間事業者は原材料費の高騰などを価格転嫁できずに苦労しているのに、健康保険なんぞは平然と値上げです。国民をバカにしているのでしょうか。

こんなことを言うと「世代間の分断を煽る」などと言われるのでしょうが、受益者負担の原則を適用し、医療費を使いまくっている年寄りの負担を増やすべきです。

政治家どもは票を失いたくないから言わないのでしょうけど、未来ある子供たちや若者に金を使わず何とするのか・・・。正直なところ、今の日本の年寄りは一部を除いて尊敬に値しないばかりになってしまいました。

ワクチン予約に高齢者が殺到する様にみる、日本のオワタ感。
全国でコロナ感染が拡大する中、遂にというか20代や30代の死亡例が発生するようになってしまいました。医療体制だけではなく、今のところ司令塔の役割を担わされている保健所も崩壊しているようです。 今から考えると去年の「第※波だぁ!...

今の日本に必要なのは「お前ら!若者のために我慢してろ(怒)」と言える石原慎太郎さんのような政治家なんだと思います。出でよ!高齢者を叱れる政治家よ。

 

なにやら今の衆議院議員選挙では皆が「配分!」なんて言ってますが、どのようにやるのかイマイチ分かりません。「鉄の女」と言われたサッチャー女史が「強者を弱くすることによって、弱者を強くすることはできない」と言っていたように、金持ちからむしり取れば解決するようなものではありません。

日本維新の会あたりがローカル政党の域を出られないのが残念ですが、今の自民党政権のままでは大きな変化は望めません。かといってリッケンやキョーサンあたりじゃ日本滅亡不可避です。

選択肢が無いという不幸な日本ですが、今日のところは何も考えないで東千歳バーベキューを楽しむことに集中します。食べ終わったら再び「日本の不幸」を嘆くとしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました