スポンサーリンク

自民党の腐り具合は中々のものです。そろそろ鉄槌ですかね。

社会のこと

まったく日本の政治は腐りきっていて、あいつらの自浄は期待できないところまで達しているようです。まずは国政からいきますが、日本維新の会の池下卓議員が「国会議員の金銭感覚ヤバくね?」という疑問から始まりました。

「あじゃーす」の丸山くんに代わり維新の池下くんが「あじゃーす」告白
このところ内職でライティングを続けていて、そのため知らなかったことも調べざるを得ず、結果的に知識が深まっていくという有難い副作用が発生しています。今日まで「島津貴子」という人を調べていましたが、知ってみると「眞子さまの選択は間違いじゃない?...

そこから色々と炎上しながらも「国会議員は頭おかしい」との認識が国民に広がったのも池下議員のお陰でしょう。ところがです・・・やっぱ自民党は腐っているのです。なんとか有耶無耶にしようと必死です。

文通費見直しと特別委統廃合は困難に 維新が憤り(産経新聞) - Yahoo!ニュース
日本維新の会の遠藤敬国対委員長は3日の記者会見で、同党が求めていた臨時国会における文書通信交通滞在費(文通費)の見直し法案の成立と、衆院特別委員会の統廃合が困難になったことを明らかにした。 与党か

ちょっと前までは選択肢がなかったので「仕方なく自民党」だったわけですが、次の選挙で日本維新の会や国民民主党が躍進すれば、もしかしたら日本が良くなるきっかけになるでしょう。

自民党だけではなく、リッケンやキョーサンも、「身を切る改革」に反抗しているという点で「同じ穴の狢」です。

そこら辺を根こそぎ消し去ってこそ、日本に光が差すというものです。

新潟県の「裏金要求ジジイ」こと星野伊佐夫県議ですが、何なんですかね?アレ!分かってはいましたが、国政ばかりか地方も腐りまくりです。

恐らくこんなガラクタは氷山の一角でしょうし、今のままの地方議会なんて不要な気すらします。一方でアホな首長の暴走も止めなきゃならないわけで、八方塞がりのような感じです。溜息しか出ませんな・・・。

国から地方に至るまで、こんなゴミによって失われる国富はどれくらいになるんでしょうか。

この前の「無免許ババア」こと木下富美子の件でも分かりましたが、もっと住民側に罷免権的なものを与えても良いのではと思います。”その地位”についたら辞めさせられず、やりたい放題やられるというのも困ったものです。

問題はこの手の議論が当事者たる奴らはやる気がなさそうなことで、きっと「明日は我が身」とでも思っているんでしょう。考えれば考えるほど怒りしか湧いてきません。

もうやけくそで「出でよ!真の国士」と叫ぶしかありません。はぁ~・・・。

 

今日は土曜日ですが、昨日とはうって変わり寒い一日になるようです。いつものとおり妻はお休みで、私はお昼まで仕事の土曜日なので、静かに仕事へ行く準備をして、こっそり出かけます。

昨日は久しぶりに「串鳥」へ行って、ささやかな花金を楽しんでまいりました。巷はコロナ後になっているのですが、あまり混んでなかったのは意外でした。なぜか分煙になっていて、微妙に値上がりしていたのには驚きました。腹いせというわけではないのですが、タダのスープを夫婦でたくさん飲んでやりました。まったく乞食のような夫婦です。

気を取り直して今日は頑張ろうと・・・いや、今日頑張ろうと思います。

きっと良いことがあるような気がしているオッサンでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました