スポンサーリンク

元YMOの高橋幸宏さんの訃報を知りましたが寂しさを噛みしめています

徒然草

いつもより少し遅く起きた日曜日の朝ですが、ネットを見ていたら元YMOの高橋幸宏さんが亡くなったというニュースを目にしました。

もしかしたら「元YMO」と条件反射的に付けてしまうことは失礼なことかもしれません。しかし世代的にはYMOのイメージが強いもので、ついついそう言ってしまうのです。

ライディーンが流行っていたのは、私が小学校5年生のときでしたが、街のあちこちであの曲を耳にしました。そんなセピア色の記憶の一コマがYMOだったわけで、今日訃報に接して急に思い出すことになったのです。

あの赤い人民服を着て街を歩くという願いは叶いませんでしたが、赤と緑の人民帽は大中というショップで購入して愛用していました。今思えば恥ずかしいことです・・・。

一昨年に脳腫瘍の摘出手術を受けられ闘病中だったことは知りませんでした。勝手に「また見る日が来るだろうな」なんて思ていましたが、その日は来なくなってしまい残念です。

あの頃を思い出すと、当り前ですが今のように動画を見られるわけもなく、ラジオに夢中になっていた日々でした。幸宏さんのオールナイトニッポンなんかも寝落ちしそうになりながら聞いていました。

しかし年といっても思い出深いのが、坂本龍一さんがパーソナリティを務めていたサウンドストリートというNHKのラジオに、高橋幸宏さんと細野晴臣さんが出演したときの放送で、録音したテープが擦り切れるくらい聞き返したあの日々を覚えています。

若くなくなり、ふと気がつくと50代になってみると新しいものに目がいかず、こうした訃報でなくなっていくことばかり目に入ってしまうのが現実です。

高橋幸宏さんの死にお悔やみ申し上げるとともに、ちっぽけな私も改めて努力せねばならぬと誓う朝でした。

引用:スポニチアネックス

昨日までの暖かさは過ぎ去ってしまい、今日から冷え込む札幌です。融けた雪解け水が凍り、きっとスリップ事故が増えてしまうことでしょう。

そんなことを見越して、昨晩のうちにスーパーでの買い物を済ませているので、今日は一日引きこもってライティングに追われる日曜日になります。

たいていの案件は3,000~5,000文字程度のものですが、今日仕上げなきゃならないのは「2万文字のYouTubeの台本」で、書いても書いても終わらない感じです。

それでも残り8,000文字程度とゴールが見えているので、8時から開始して午前中に目途を付けたいと思っています。

何故か分かりませんが、今日は高橋幸宏さんのために頑張ろうと思っていて、なんとなくやれそうな気がする今でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました