スポンサーリンク

プーチンがやらかしましたが、落としどころは見つかるのでしょうか?

ニュース

「やる!」と言ったら必ずやる男がマジでやりやがりました。プーチンの号令のものロシア軍のウクライナ侵攻が始まってしまいました。今のところウクライナの首都キエフへも攻撃が行われているようですが、恐らくこれは相手の戦力分散のための攻撃で、あくまで本命はウクライナ東部の占拠なのだと思います。

さすがにウクライナ全土が目的だと長期戦になるのは不可避なうえ、及び腰なアメリカやEUでも許さないというリスクも背負います。そんなことをあのプーチンがやらかすでしょうか?やらかしたらプーチンは狂っているのかもしれません。

もう綺麗事では済まない段階なので、日本にも悪影響が及ぶことは必至です。っていうか、岸田文雄はホントにアホなんですね。国会であの蓮舫に「国家安全保障会議を開かねーの?」と言われ「適切なタイミングでNSCを開催したい」って答える様は「バカ」そのものです。何だよ!適切なタイミングって。林修さんじゃありませんが「今でしょ!」。

呆れてしまい開いた口が塞がりません。

プーチンの立場で考えると、軍事衝突の期間は短くしたいはずで、落としどころがどこになるのか気になります。今のウクライナ政権は強硬姿勢を崩さないようですし、バイデン爺さんの胆力が試される展開です。そのアメリカですが、トランプ前大統領が「プーチンは天才だ!」と一連の行動を賞賛しておりましたが、やっぱトランプはぶっ飛んでます。

トランプの「プーチンは天才」発言、保守系ラジオ番組で前大統領が語った内容(Rolling Stone Japan) - Yahoo!ニュース
ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部地域の独立を承認したことについて、トランプ前米大統領が「プーチン氏は天才的だ」と称賛。 右派のPodcastでエールを送ると、別の声明では「我が国は完全に自信を

なにはともあれ、あまり大事にならないことを祈っております。

岸田政権の官房長官は松野博一とかいう冴えない風貌の男なのですが、その風貌に比例して言ってることもバカです。ウクライナの件でエネルギー価格の不安について質問され「わが国は国家備蓄と民間備蓄を合わせて十分な備蓄を有し、国内のエネルギー安定供給に直ちに大きな懸念をもたらすことはない」なんて答えたようです。

「もう価格が上がりまくって、懸念だらけじゃ!」と、あの冴えない顔の横から絶叫したいのですが、そんなチャンスをくれませんかね?岸田文雄さん。

日本は負の連鎖に入ってしまったようで、岸田文雄や松野博一らの「なのも考えていなさそうな」その面を見るたびに全力でため息を吐いています。

事の次第を見定めなければなりませんが、あまり良い未来が見えないのが辛いところであります。はぁ~・・・。



コメント

タイトルとURLをコピーしました