スポンサーリンク

オリンピックのため国防からリソースを割くという愚かな考え。

ニュース

ここ数日間やたらと交通事故のニュースを目にするのですが、映像や事故当時の状況を見る限り「下手くそ」の多いことに驚きます。やはり日本の運転免許制度にはどこか欠陥があるのかもしれません。

しかし制度に欠陥があろうと、実際下手くそが「走る凶器」を運転している現実があるので、もう周囲の車は下手くそだという前提で対処しなくてはいけないのです。

【下手くそ運転】こんな運転をしていたら「下手」と言われますよ。
運転免許を取得してから30年以上経ちました。あり得ないような速度違反で捕まったこともある私です。しかし日ごろ運転していて「こいつ免許返納しろや!」と思うようなドライバーはわんさかいます。これってホントに難しいことなのですが、自分の「運転技量

ところで開催する前提で突っ走る「東京オリンピック」で、またしても「???」な決定がされそうです。

 

五輪の感染対策で自衛隊投入!

コロナ蔓延以後、政府の迷走はとどまるところを知らないような状況です。個人的には「ワクチン大規模接種」への自衛隊投入もどうかと思っているのですが、ここにきてオリンピックの医療従事者不足解消のため、自衛隊の医官を投入する検討を始めたようです。

<独自>東京五輪に自衛隊医官・看護官投入へ 20人程度 政府、地域医療への懸念緩和狙い(産経新聞) - Yahoo!ニュース
 政府が東京五輪・パラリンピックの大会期間中に必要な医療従事者の確保に向け、自衛隊の医官と看護官を投入する方向で検討に入ったことが22日、分かった。計画では医官20人程度を想定している。新型コロナウ

 

五輪開催の是非はともかく、国防を担う自衛隊をこんなに便利使いして良いのでしょうか。自衛隊は政権の玩具じゃないのです。

大規模災害時に自衛隊が活躍し、自衛隊への国民の信頼が高まってきたこととは異質のことです。かつては左翼思想の気狂いによって「自衛隊の存在」そのものが否定されていたこともありましたが、そんなことも過去のことです。

 

政治家もこんなことに時間を割くくらいなら、もっと他にやることがあるんじゃないでしょうかね。全く協力する気のない民間病院をコロナ対策のために徴用するとか。

しかし菅政権の迷走はまだまだ続きそうです。発足当初は期待されましたが、二階のオッサンのイエスマンなら ダメでしょうね、もう。野党も「どこかの国の手先」状態なので、国民的には八方塞がりです。

故いかりや長介さんの「ダメだこりゃ!」という声が聞こえてきます。

 

今月いっぱいは暇な日が続きます

北海道に「緊急事態宣言」が発出され1週間ですが、会社の業務量が激減し暇な日が続いています。女子事務員は12時で上がってもらい、その後は一応”上位の者”が残っているという状況です。

私も”上位”になったのでしょうか?そう解釈しておきましょう。

とりあえず31日までは同じ感じなので「週の途中休もうか?」なんて話もでましたが、なぜか立消えとなりました。残念なことです。

個人的には仕事は忙しくないと頭も冴えないので、はやく業務量が元どおりになってくれないと困ります。暇な職場でただデスクにいるのでは、能力は発揮できず「ただの置物」なのですから。

緊急事態宣言の延長がなされても6月からは可動部署を増やすらしいので、再来週にはちょっと忙しくなりそうです。そうなったら土曜日勤務が復活ですが、それを考えると今月中は英気を養う期間だと割り切れます。そう今日も英気を養う日曜日なんです(←妻に向けた発言です)。

 

未明に降っていたらしい雨は止んでいますが、今日はこの後曇り続きの冴えない天気です。クリーニングの回収に出かける以外は引きこもっている日曜日で、イマイチやる気が出ませんが、ゆったりと過ごす日曜日にしたいと思う朝でした。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました