スポンサーリンク

ごく一部の活動を「日本の若者ら・・・」と報道することへの違和感。

ニュース

今日から6連勤のスタートです。先週は間に祝日があって楽だった反動なのでしょうか、何となくダルい感じの月曜日です。でも動きだしてしまえば言うほど苦になるわけでもなく、気が付くと週末を迎えているはずです。

昨日、買い物途中にガソリン価格を見ていると少しだけ安くなったようで、慌てて給油しました。ハイオクが174円/Lでした。まだまだ高いのですが、この先の原油価格も不透明ですし、「安いかも」と思ったときが給油のタイミングなんです。

原油相場に翻弄される度に「資源の乏しい日本」という現実を痛感するのですが、そんな中でも左マスコミが大好きであろう「(超ごく一部の)若者のデモ」が当該マスコミによって取り上げられておりました。

日本の若者ら「石炭火力早期廃止」訴え COP26合わせ(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
 イギリスで開催されている気候変動に関する国際会議「COP26」に合わせ、日本の若者らが政府に石炭火力の早期廃止などを訴えました。  東京・新宿駅前には「気候危機」や「脱石炭」と書かれたプラカード

別にどんな主張をしても良いのですが、この手の活動を見ていると「視野が狭すぎなんじゃない?」と、ついつい批判的な目で見てしまうオッサンです。この手の人たちって代替案なども考えずに「石炭火力反対!」と言ってるだけのようで、その様は凋落しつつある立憲民主党のようです。

私だって言うだけなら「世界から貧困と戦争をなくしましょう」など綺麗事を並べられます。しかし問題は「どうやって成し遂げるか」なので、そこんとこよく考えたほうが宜しいのではないでしょうか。

確かに気候変動は大きな問題ですし、何とかしていかなきゃならないのは理解できます。とはいえ先日のCOP26なんかは欧州の白人が綺麗事を言うだけの”政治ショー”のようなもので、実現性には疑問符が付きます。

そりゃ「脱炭素」とやらも大事でしょうが、順番ってものがあるでしょう
今日は「文化の日」でお休みです。もともとは明治天皇の誕生日だったわけですが、1946年に日本国憲法が公布されたことから「憲法記念日」にしようとしたところ、当時日本を統治していたGHQの反対にあい「文化の日」に落ち着いたのです。っていうか、理...

一昔前のシールズとやらも一部の報道機関が「若者らが!」などと、まるで若者代表のような扱いをしていましたが、誇張するにもほどがある・・・っていうか、世論の捏造に他なりません。

こんなのに騙される人たちは高齢化が進んでいますし、今の若い子たちはかなりリアリストだという話なので、あまり心配する必要はなさそうです。とりあえず「頑張れ!日本の若者」とだけ心の中でエールを送っておきます。

 

いつまでもダルがっていても仕方ないので、そろそろスイッチを入れるとします。今日までは天気が良さそうな札幌ですが、明日から雨マークが続いています。ホントこの季節の雨は嫌なものです。

まずは今日という日を頑張るしかありません。ファイトだぁ!オッサン!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました