スポンサーリンク

菅さんの任期満了で身を引く英断に野党発狂の呆れた状況。

ニュース

菅義偉総理が自民党総裁の任期満了をもって退く意向を表明しました。つい先日までは総裁選へ出馬する意欲もあったようですが、劣勢に立たされる状況で諦めるとともに、ふと我に返ったのかもしれません。

ところで菅さんの決断は、とりあえず任期満了まではコロナ対策を続けるということなのです。ところがつい先日まで「菅辞めろ!」と言い続けてきたアホ野党の連中が「投げ出すのか!」「無責任だぁ!」などと、これまでと真逆の反応をしております。

彼らの本心は「菅総理のまま衆議院選挙へ突入したら、もしかして・・・」だったはずです。

ところが菅さんが任期満了で退き、新しい自民党総裁のもと衆議院選挙となれば、もともと野党の支持率は低いうえに、自民党にお灸を据えようという「一時的反自民票」も期待できなくなるので、悪夢の”民主党時代”復活は幻となるでしょう。

NHK党・立花党首が枝野氏に皮肉「総理の目がなくなった。ホッとしているのではないか」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)の立花孝志党首(54)は3日、党定例会見で、菅義偉首相(72)が辞任する見通しとなったことに「一番頭を抱えているのは野党側。枝野幸男総理の目は

それにキレての罵詈雑言の数々を見ると「やっぱ、こいつらに国政を委ねられないな」としか思えません。

今のところ岸田氏と河野氏は総裁選に出馬するようですが、その他のメンツが出るのか出ないのか定かではありません。とりあえず言えることは、俗に言う「古い自民党体質」を打破できなければ、同じことが繰り返される可能性が高いということと、コロナ対策も抜本的な見直しは避けられません。

尾身氏に代表される「医師会と癒着」している風な分科会も、メンバーの入れ替えが必要なんだと思います。

【独自】コロナ病床30~50%に空き、尾身茂氏が理事長の公的病院 132億円の補助金「ぼったくり」〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース
 政府分科会の尾身茂会長が理事長を務める地域医療機能推進機構(JCHO)傘下の東京都内の5つの公的病院で、183床ある新型コロナウイルス患者用の病床が30~50%も使われていないことが、AERAdo

とりあえずは自民党総裁の成り行きに注目です。

 

昨日の妻に引き続き、今日は私もワクチン接種です。今のところ妻には副反応らしい症状は見られないようです。ワクチン接種前にはビビり過ぎて「心臓が飛び出そう!」なんてメッセージを送ってきた妻ですが、終わったあとは「全然痛くなかった!」と安堵のワクチン接種でした。

私は別に怖くはなありません。本当です。いや、ちょっと怖いかも・・・。

しかし平常生活へ戻るための「最初の一歩」なわけで、粛々と注射を打たれてきます。なんせ「いい歳したオッサン」なんですから、無様な姿を晒すわけにはいかないのです。

とりあえず今日も頑張ってみます。はい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました