スポンサーリンク

河野氏や小泉君の薄っぺらさが見え始めている自民党総裁選です。

ニュース

このところ報道では自民党総裁選の話題が多くなっていますが、いろいろ見えてきて面白いものです。河野太郎氏を応援している「セクシー」こと小泉進次郎くんが高市早苗さんの「エネルギー政策」に噛みついているようです。ここで注目しなければならないのは、なんとなく世界の流行となっている「脱炭素」や「再生可能エネルギー」について、それらの推進派があまりにも思考停止な危うさを感じさせる点です。

小泉進次郎くんはこれを「原子力vs再生可能エネルギー」という安直な対立に見せようとしているようですが、この「Aなのか、それともBか!」というやり方は父親譲りですよね。

このところネットを中心に高市早苗さんの人気や評価が急上昇のようで、4人の討論なんかを見ても一番芯の通った意見を堂々と言ってるのは高市早苗さんなわけですから、評価されるのも頷けます。一方河野太郎氏はここにきて「中国の影がちらつく」などという報道も出始めているようで、急にメッキが剥がれてきているようです。

どうなるのでしょうか?自民党総裁選。あと1週間で日本の未来が決まります・・・。

高市早苗(たかいちさなえ)
奈良2区選出。元国務相。経歴、政策、活動および著書の紹介。

 

国民に塗炭の苦労を味あわせ得した人間を許すな!

専門家や政治家が言っていたところの「人流」とやらが目に見えて減っているわけでもないのに、このところコロナ新規陽性者が減りつづけているのですが、コロナ分科会の人間をはじめ「言いっぱなしで反省するわけでもない」ことに批判が高まっています。

橋下徹氏がコロナ専門家に苦言 予測が外れた“8割おじさん”西浦教授は「もう信用できない」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)が20日、読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、新型コロナの専門家に苦言を呈した。  橋下氏は急激に感染者が減少している現状に対し専門家らが「不思議だ」な

いいぞ!もっと言ってやれ!

同じようなことを麻生太郎閣下も仰っていたようですが、彼が言うと逆効果なので静かにしておいてください。この問題に関しては次の政権でしっかり考えてもらいたいものです。

厚労省の一部と各種利権団体の闇をこのまま放置することは許されません。

人命より利権か。イベルメクチンが厚労省に承認されると困る人々
以前掲載の「権力誇示のため『イベルメクチン』をコロナ薬として承認せぬ厚労省のカン違い」では、厚生労働省の人命軽視とも言うべき許しがたい所業を暴いた、元国税調査官...

 

ふと気が付くと、なんと明日は祝日じゃありませんか。この調子で今週をスイスイと切り上げると、来週は月末です。そう考えると9月も早かったと感じられます。

10月になるとぼちぼち冬タイヤへの交換も考えなければなりませんし、例年だとストーブへの点火もカウントダウンです。

【車の基礎知識】スタッドレスタイヤとは?特徴やオススメを解説!
冬になると雪が降ったり路面が凍結したり、ドライバーにとっては過酷な環境になります。南国であれば考える必要もない「冬タイヤ」ですが、少しでも心配があるのなら検討したほうが良いでしょう。実はウィンタータイヤといっても何種類かが存在しています。そ

日が暮れるのもめっきり早くなりましたし、北国の試練は確実に迫っているのです。なんとも暗い気持ちになってしまいますが、先ずは今日を乗り切って気楽な夕方を迎えることに集中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました