スポンサーリンク

「緊急事態宣言」解除後も余計なことをしそうな自治体の無能首長たち。

徒然草

「いい歳して・・・」なんてフレーズを昔はよく耳にしましたが、時代も変わり昭和の常識も過去のものとなったような気がします。今晩「鬼滅の刃・無限列車編」がテレビ放送されるのをワクワクしている私も、一昔前なら「いい歳してアニメかよ!」と言われていたでしょう。

きっと誰もが経験すると思うのですが、いい歳になってきて「昔見ていた大人は同じ歳でももっと老けていた」という、勘違いかどうか分からない感想を持たないでしょうか。サザエさんの磯野波平は54歳の設定なんです。あれが昭和にイメージなんでしょう。

「あぁ、俺もあと2年で波平とタメか・・・」と思うと、なんとも言えない気持ちになりますが、今は少しでも長いこと健康でいることを考えるだけです。

 

制限緩和の実証実験について一言

コロナ陽性者数の減少の理由を全く検証できていないし、そもそも検証する能力もないのでしょうが、とりあえず意味を成しているとは思えない「緊急事態宣言」は今月末をもって解除するようです。そして行動制限の緩和に関する実証実験をするんですって。

行動制限緩和、13自治体で実証実験 北海道・兵庫・福岡など10月にも 政府(時事通信) - Yahoo!ニュース
 西村康稔経済再生担当相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種進展に伴う行動制限緩和の実証実験について、13自治体から参加表明があったと明かした。

ここ北海道も実証実験へ参加の意向らしいのですが、正直なところ「鈴木くん。能力もないのだから止めておきなさい」という気持ちです。

知事も”アレ”なら道職員も”アレ”なので、どうせ「種類提供を7時までから8時までにしてみま~す」とか、そんなことしか思いつかない未来が容易に想像がつきます。これって実証実験に名を借りた「新たな行動制限」なんじゃないかと思うわけです。

経済のことは民間に任せるのが一番です。役所は言う事聞かない医療機関をなんとかすることに注力して、妙な実験などに首を突っ込むべきではありません。どのみち「ゼロコロナ」なんて不可能なので、いずれ感染者が増えるフェーズはやってくるでしょう。

それを見越した対策だけ考えていればイイんです・・・鈴木くんは。

賢明な国民の多くはこの先もマスクを着用し、アホみたいな行動をしないので、どうかアレコレ余計なことを考えないで頂きたいものです。

 

今日も半ドン勤務の土曜日ですが、勤務後は買い物に行ったりして用事を済ませ、午後9時にはテレビの前で正座です。そう「鬼滅の刃・無限列車編」の放送時間から逆算して行動するのが今日の我が家です。

【鬼滅の刃】あの熱狂から数か月。今思う事と今後の期待について。
コロナで世の中が沈む中「鬼滅の刃」は日本に一筋の光明を与えてくれた作品でした。私は完全な「出遅れ組」だったのですが、昨年の10月に「妻のススメ」で完全にハマり、映画館も2度足を運びました。そして年が明け令和3年になり、今年はテレビ作品として

小さなこととはいえ一日の中で楽しみがあるということは幸せなことです。札幌は天気も良いので、今日もなんとか頑張れます。どうか良い一日でありますように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました