スポンサーリンク

カローラにSUV?!庶民の車がここまで来てしまったのですね。

自動車

久しぶりにソファで寝て朝を迎えました。別に寝落ちとかじゃなく最初から寝る気で寝たのですが、意外とぐっすり眠れて快適な睡眠で、むしろ私のイビキで妻の睡眠を妨害しないで済む分気分的に楽なくらいでした。

とはいえベッドでの睡眠と比べると多少体が痛い・・・ような気がします。

今日は水曜日です。今週さえ乗りきれば連休が待っているのでモチベーションは高いままで、多少疲れようが気合で乗りきれそうな気がします。ホント「気の持ちよう」で何とでもなるのです。

ところでネットを見ていたら「カローラ初のSUV」なるタイトルが目に入りました。

【狙いは?】トヨタ「カローラ・クロス」日本市場に! 新型SUVの価格/内装を解説(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
執筆:Wataru Shimizudani(清水谷 渉) 9月14日。トヨタがカローラ・シリーズに、新型車「カローラ・クロス」を設定して発売した。

カローラと言えば長らく「庶民のオッサン車」というイメージでしたが、今のカローラは3ナンバー化し、ついにはSUVまで登場して「普通の車」になりました。っていうか全幅1825mmってクラウンより幅広なんです。

デフレが長く続き、どんどん貧乏になっていく日本で車の価格だけは高騰し続けています。というのも貧乏な日本を置いてけぼりにして、海外市場の価格に合わせざるを得ないからです。財務省の消費税は死に値します。

そりゃ軽自動車だらけになるはずです。

私のようなオッサン世代の車好きにとって「車はモチベーション」そのものでした。ところが現代の若者にとっては「数ある消費財の中の一つ」に過ぎないようで、世の中の変化を強く感じてしまいます。

 

今週末は行きつけのディーラーでイベントがあるようで、なにやら高級そうな案内状が届いておりました。あまりぱっとしない天候になりそうですが、「アルテオン・シューティングブレーク」だけ見たいと思っていて、それだけのために行くかどうか悩んでいます。

【自動車】フォルクスワーゲンってどんな自動車メーカーなのか?
フォルクスワーゲンと聞くと、なぜか「ドイツ車らしからぬ親しみ」を感じるのは私だけでしょうか。これはドイツ自動車メーカー「御三家」とくらべ、まだ敷居が低く感じるせいなのかもしれません。アウディやポルシェを傘下に持つフォルクスワーゲングループの

そんな事を考えながら、とりあえずは今日から3日間を何事もなく乗りきることが大事です。

きっと良いことがある・・・と、勝手に思い込んで頑張ってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました