スポンサーリンク

妻は仕事で私は休みという、まるで一昨年の無職時代のような今日。

徒然草

もう1月4日になってしまいました。今日から仕事の方も多いでしょうが、どうか頑張ってください。私は明後日から仕事なので、それに備えて今日は5時に目覚ましをセットしてみました。しかし5時には起きられず6時に起床して、テレビをつけたら緊急地震速報でビビったのですが、札幌は関係ありませんでした。

緊張感が抜けたせいなのか今も眠気が抜けないので、今日は昼寝をすることになりそうです。

ここにきて「あと2日かぁ~」と思ってしまいますが、週末は再び連休なので、真にダルいのは来週からです。少しは気合を入れて過ごさないと、いきなりの仕事に適応できません。頑張ろ。

先ほど妻が仕事へ出かけてしまい、自宅に一人でいると「1か月半にわたり無職だった」あの日々を思い出してしまいます。人っていとも簡単に絶望の淵へ落ちてしまうわけで、よく言われることですが「自分磨き」の大切さを痛感します。

それと「いつまでも若くはない」という事実を認める勇気も必要でした。当たり前のことなのに意外と気が付かないもので、普通に文字に起こせば分かることから目を逸らしていたのかもしれません。

あれは2年と数か月前だったのですが、無職だった時のスペックは「50歳無職」だったわけで、この5文字を見ただけでヤバいと気が付かなきゃいけなかったのです。「俺はまだまだやれる」という自信を失ったら終わりなのですが、そりゃ採用する側にとっちゃ若い方が良いに決まってますもんね。

先月は採用する側としておじさん2人を試用したのですが、とても残念な結果に終わりました。

焦りや必死さは分かるものの、職務経歴を盛りすぎるのはルール違反です。
一応「経理事務員募集」してたはずなのに、体験で来ていたオッサンは余りにも残念過ぎて、何とも言えない疲れだけが残った昨日でした。多くの応募者は職務経歴書を盛りまくっていたことを改めて知るとともに、そんな人のせいで"正直な職務経歴書"まで疑われ...

まだお試ししただけ相手にとっても良かったでしょう。あの無職の日々はお試しどころか、面接にまでたどり着けないことが多かったので、やはり今の自分を客観的に見つめることは大事なんです。

今の職場では今年も「経理・事務」の求人を出すようで、どんな人たちが応募してくるのか注視していきます。自分を客観視できている、普通の人が応募してくることを願うばかりです。

これからの時間は少しばかり副業を進めていきます。それと滞り続けている我が家のブログも、今日と明日で少しばかりテコ入れしようと思っているのですが、なんとか気合を入れて頑張るしかなさそうです。

妻が仕事をして家に一人でいる時間を無駄にしないために、堕落しないように指を動かし続けます。

あっ!そういえば妻に「トイレ掃除しておいてよ!」と言われておりました、この後はトイレ掃除から頑張りのスタートとなります。

何はともあれ「世の中年男性、頑張れ!」とエールを送りながら、自分を鼓舞している「52歳の経理職」でした。

 

コメント

  1. Emmiol より:

    Great content! Keep up the good work!

タイトルとURLをコピーしました