スポンサーリンク

まるで「誰もいない浜辺で海に向かって話している」ようなSNS

ニュース

歳をとってから始めたせいなのか、それともセンスがないのか、ツイッターをやっていても誰もいない闇に向かってつぶやいているような状態です。当然と言えば当然で、フォロワーを増やすような努力は何もしていません。

 

しかし「無反応」というのは寂しいものです。そこで「フォロワーを買う」という禁断の手(?)に踏み込もうかと思い、それによる反応と効果を検証しようと思っています。検証は明日から開始し、出来るだけ早く報告します。よく考えたらこのブログすら同じ状態なのですがね・・・。

 

ちなみに検証するのは「SNSヘルパー」というサービスです。

SNSヘルパー|ソーシャルメディアマーケティングセルフサービス
世界的な企業SNSヘルパーのセルフマーケティングシステムを格安でご利用いただけます。24時間自動注文処理が可能な初の自動マーケティングシステムです。

 

これで少しでも反応があったら俄然やる気が出るかもしれません。藁にも縋る気持ちでやってみましょう。

 

小池vs黒岩という「言った言わない」のアホな争い

 

恐らくは黒岩さんの行ったことはホントなんだろうと思いますが、あのオバサンは絶対に認めないのでしょうね。ここで黒岩氏が”録音した音声”でも出して来たら最高のエンターテインメントです。いや最低ですね。

 

多くの方には小池氏が「無能な口だけオバサン」だとバレているようです。ネットを見てもそんな意見をよく目にします。しかし当の小池氏にその自覚があるかといえば・・・なさそうですよね。政治家ではよくありがちな姿ですが、きっと取り巻きが「全然大丈夫です!」と言って、本人もそのつもりなんだと思います。

 

しかし天下の東京都と、その第一の子分たる神奈川県のトップ同士による「子供のケンカ」はどこへむかうのでしょうか?

 

一方で総務省を巡る「汚職事件」ともいうべき問題は何故か「公務員が接待を受けるとはけしからん!」という、なんとも小さな問題へ格下げされそうな勢いです。この国の上級国民には「自浄作用」という言葉はないのでしょうか。

 

明治維新の功労者たる大久保利通公は、国の将来を考え私利を求めず、それどころかテロにより亡くなった後分かったことは借金までして予算の付かない公共事業を進めていたそうです。それを考えると今の政治家なんて欲にまみれた小物だらけです・・・ごく一部を除くと。

 

なんとも嘆かわしいかぎりです。

 

「投手王国」復活か?今年のカープ

 

ヤクルト相手とはいえ2試合連続の完封リレーです。大瀬良・九里・森下と3人は盤石そうですし、なにより新人たちの躍動も心強いものがあります。やはりこの時期というのはポジティブ要素ばかり見てしまうので、弱小チームファンにとって一番楽しいものなんです。

 

昔と違い地上波で野球中継もないので、やはり「スカパー」でしょうかね。「Jcom」は最低なので止めておきましょう。

 

投手陣の好調さは嬉しいのですが、いまだ打撃陣がイマイチの状態なのは心配です。ほんの3年前まで「逆転のカープ」と言われ、派手な攻撃で一世を風靡したのも過去の話です。

 

打てない試合を見るのは何よりも辛いものですし、少し奮起をして欲しいと切に願っております。

 



今日はまだ火曜日です

 

週の初めは途方もなく先が長いような気がします。これって自身が「怠けもの」なせいなのかもしれません。しかし時間が来ると家を出て会社へ行かなければなりませんし、そこから9時間の拘束です。

 

忙しいならまだしも暇なので、色んな資料の精度を上げまくる日々を送らねばなりません。

 

とりあえず頑張りますか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました