スポンサーリンク

「Wisdom」というサービスと、早めに取り組んだ方がイイ理由。

仕事

コロナ過において在宅でできる「副業」の注目度が上がりました。しかし「副業」と言ってもいろいろあり、昔ながらの内職系であったり、ウェブデザインの請負なんてものまであります。

 

そんな中「Wisdom」というサービスが開始されたので、どんなサービスなのかをご紹介します。

 

「Wisdam」ってどんなサービス?

ウェブ上で取引する「クラウドソーシング」では文章を書いたり、作業を請け負ったりという取引形態がメインです。有名なところでは「ランサーズ」「クラウドワークス」などがあります。またスキルの売買に特化したような「ココナラ」も有名ですよね。

 

今回ご紹介する「Wisdom」は”オンライン通話を売り買いする”というサービスで、「時間」の売買という要素と、オンライン通話を通して「ノウハウ」を提供するという要素の中間的なものと言えます。

Wisdom

 

時間の売買といえば「タイムチケット」など先行しているサービスもありますが、オンライン通話時間や動画の販売に特化している点が「Wisdom」最大の特徴です。

 

利用する側としても「何でもあり」のサービスより、特定分野に特化していたほうが使いやすいと言えます。

 

さあ!早めに参加しよう!

どんなサービスも同じですが、スタート直後はライバル(?)も少ないため、早めの参加は最大のメリットと言えます。「Wisdom」はまさに始まったばかりのサービスなので、そのメリットを享受できます。

 

参加、特にサービスの提供者として参加する場合、「Wisdom」の成功とそれによる利益享受は参加者の「質」にかかっているという自覚を持ってください。

 

それほど多くはないとはいえ「タイムチケット」なんかでも、「お金を払ったのにクソサービスだった!」などという苦情を目にすることがあります。そんな事になったら真っ当な参加者の足を引っ張ることになるので、心して取り掛かりましょう。

 

そんなことを踏まえ「さあ!Wisdomへ急げ!」

wisdom(ウィズダム)のサイト説明 - 運営者ブログ(Era、Wisdom)

 

ちなみに副業である程度稼いだ場合の「税金」の問題はこちらをご参考に・・・。

【確定申告】会社員の副業と所得税の申告の仕組みを簡単解説
昔は就業規則で禁止されていることが多かった「副業」ですが、最近の傾向としてはそれが認められ、国としても推奨するような方向に進んでいます。そんな「副業」は当たり前に利益を出すことを目的にやるわけです。そして利益を出せば必ず「所得税」の問題に直

コメント

タイトルとURLをコピーしました