スポンサーリンク

「コロナ報道」に飽きたのは勿論ですが、A新聞社には怒りが込み上げるばかりです。

当り前のように自民党を批判することを「社是」としている朝日新聞ですが、「勝負の3週間、事実上の敗北」などと言っております。

 

そもそも「勝負の3週間」なんて国民にとって「遠くの誰かが言っていること」くらいにしか響いていなかったわけで、私の狭い視界(札幌ですが)の中では”各自予防に努めながら活動”していました。

 

故人であり、私も有料メールの配信を受けていた勝谷誠彦さんが「築地踊り」と揶揄しておられましたが、朝日新聞社の人たちってホントに「日本人」なのでしょうか?残念ながら違うんでしょうね・・・少なくとも「精神的」には。

 

昨日の北海道のコロナ感染者数は久しぶり(42日ぶり)に2桁となり、それでも他県より比べれば多いながらも「あぁ、少なくなったな」と錯覚を起こしてしまいます。

 

慣れって恐ろしいものです。

 

でも日本には未だワクチンはなく、いずれ感染するかもしれない状況下で考えていることは「感染しても、奴らには負けねーぜ!」ぐらいな精神論もどきの気合だけです。

 

残り僅かとなった”令和2年”ですが、少なくとも年内の感染だけは避けられるよう全力で対策を講じようと思っております。

 

f:id:koji44:20201216221800j:plain

 

ところで最近気が付いたことがあって、1年以上前に登録していた”転職サイト”からオススメ求人のメールがあり、見てみたら”面接して不採用になった企業”でした。

 

内心その転職サイトを「なめとんのか!ごらぁ!!」とも思いましが、よく考えたら奴らなんて「斡旋できたらラッキー!」くらいな人間がほとんどなんですよね。まぁ、中には真摯に活動してくれる人もいましたが。

 

さすがに50代ともなると”当てもなく大海原に飛び込むこと”は自殺行為に等しいので、同年代の方に置かれましては”短気”を起こすことなく、冷静に自己評価をされることをオススメいたす次第です。

 

なにかと世知辛い世の中ですが、「何とかなるでしょ(笑)」くらいな余裕をもって生きていきたいな・・・なんて思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました