スポンサーリンク

札幌地下鉄での出水騒ぎを見て、インフラ老朽化を心配しています。

札幌市営地下鉄南北線「北34条駅」で謎の浸水騒ぎがあり、昨日の9時半過ぎから北の終点「麻生駅」ともども地下鉄を利用できなくなっています。

 

両駅を利用されている方たちはホントお気の毒なことです。昨日からグッと寒くなった札幌ですが、地下鉄が使えるから何とかなっているだけで、それがない冬の札幌は不便極まりない街と化してしまいます。

 

湧き出ている水の正体が不明のため復旧には時間が掛かるそうで、北区民たちは苦難の日々が続きそうです。幸い私は影響を受けていません。

 

近年「インフラの老朽化」が問題視されていますが、歴史の浅い札幌ですらこの始末ですから、意外と深刻な問題なんだと改めて思いました。

 

人口が増え続けた時代にバンバン作ったインフラが、人口がバンバン減っていく時代に耐用年数を迎えるだなんて、日本の行政のダメさ加減が集約されているようなことです。

 

f:id:koji44:20201215060308j:plain

 

年の瀬も迫るなか、再び「自粛の嵐」が迫っており、こんなことじゃ年を越せない人も沢山いるんじゃないかと心配になってしまいます。

 

早く普通の世の中に戻って、どの業種のどの皆さんも当り前の暮らしに戻れることを、今はただ祈るばかりの毎日です。

 

札幌地下鉄で他の駅で出水が起きないことを願いながら、今日もお仕事頑張ります。はい。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました