スポンサーリンク

一年前を振り返る。そうマスクが市場から消えていましたよね。

お酒

首都圏の「緊急事態宣言」が官邸と知事たちの喧嘩によって、「出口」のあてもないまま延長になり各経済業界は阿鼻叫喚です。小池のおばさんに至っては勝手に宣言解除の目安を”超高め”に言ってのけ、「この人、国民のことなんか意に介してないな」とまる分かりです。

 

ふと一年前ってどうだったかな?と思い一年前のブログを見ると、マスクゲットのため奔走していたようです。

糞寒い中コストコ前に整列し、そしてマスクを買えずに帰ってきました
毎日書いているブログを書き終え、妻が6時半ころ超眠そうな感じで起きてきました。そうマスクを買うため、7時半には家を出なくてはならないのです。 少しばかり早く支度が整い、7時20分くらいに家を出発しました。早い時間帯という事もあり、糞遅...

 

あれから1年経って「モノがない!」といったことはなくなり、民間の力というのは認めるのですが、政治家や官僚、ついでに医師会やマスコミの奴らはこの1年進歩しているようには感じられません。

 

ちなみに1年前の今頃はここ北海道が「コロナ感染の中心地」的な扱いで、北海道独自の「緊急事態宣言」を出していました。その後東京や大阪でも感染が拡大し、4月に前回の「緊急事態宣言」でした。

 

そして「アベノマスク」爆誕・・・でしたね。

 

これから本当にすべきこと

 

何の計画性もなくビジョンも示せないから「後手後手の対応」と言われるわけで、菅総理におかれましては(このまま行ったら)秋には総理じゃなくなりそうですので腹をくくって舵取りをしてください。

 

まず(アホな)立憲民主党なんかが言っている「コロナをゼロへ」なんてことは無理かつ、そんな事を目指していたら経済死で10万人を超える自殺者が出かねません。

 

欧米などと比べて感染者数や死亡者数が圧倒的に少ないことは偶然ではないはずで、日本人の衛生観念であったり生活習慣は大きなアドバンテージです。まれに日本人でもいますが、それより外国人の方々の会話を見ていると、まくし立てるように大声で会話するし、ハグはするはキスはするは、しまいには「マスクを着けない権利を!」ってデモまでするんですよ!

 

それから見たら「静かで大人しい日本人」は、今や形骸化し意味を成していない「緊急事態宣言」を解除しても何とかやっていけますよ。まぁ、一部のトンデモナイ輩なんかはぶち込んでください。

 

各省庁や一部の利権団体の闇にもメスを入れなければなりません。

国民の命より開業医の利権。コロナで物言う日本医師会の正体とは
新型コロナに関する報道で耳にすることが多くなった、「日本医師会」なる団体。その名称から、あたかも我が国の全医師たちの総意を世に訴える団体のようにも思えてしまいま...

 

一部から声は上がっていますが、国民の多くが思っている「この数で医療崩壊?」の原因の一つは「開業医ばかり儲かる診療報酬体系」にあります。

 

そんなことに手を付けるのは先のことになってしまうでしょうが、「ここまでの感染は許容するし、重症者対策は万全を期すので経済を回す」くらい数値を示しながら言っちゃってくださいよ。菅総理!

 

お酒に始まり・・・そして「やはりお酒」

 

昭和の頃は「大人になったらお酒」というのがディフォルトでして、当然のようにお酒を飲みにつれていかれたものです。そこでくだらない説教を聞くのがワンセットだったような気がします。今の子なら嫌になるでしょうね。

 

当時は職場だけではなく、友人同士で集まっても「酒」は当然の嗜みだったので自然と酒に強くなりました。これは体質も関係していて、私の場合両親ともに「酒飲み」だったので素質が開花しただけかもしれません。

 

最初の頃は連れていかれたスナック(という形態のお店)ではボトルはウィスキーしかなくて、ここ十数年で広まった焼酎なんぞはありませんでした。当時の主力は「ダルマ」ことサントリーの「サントリー・オールド」で、「サントリー・リザーブ」はちょっとお高いイメージがありました。

 

あれから時代は流れ、今は貧乏で「名もなき芋焼酎」を飲む毎日です。すっかり外へ出かけて飲む習慣がなくなり、改めて「飲むだけ」なら家飲みが安上がりで最高です。

 

スナックなどに行くというのは「会話」に金を払っていたんでしょうね。今はそんなお金払えません・・・。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました